People 向き合う人Consultant3

コンサルティング事業本部
戦略コンサルティングビジネスユニット
戦略コンサルティング部 シニアコンサルタント

中村 祐也

攻めの姿勢でプロジェクトを
進め、経営戦略から
個別戦略までを通じ
企業価値向上に資する。

経歴Career

2017年入社。京都大学医学部で公衆衛生学を研究。卒業後は、医学データの統計解析経験を活かそうと、IT業界に就職しプログラマ、SEとしてキャリアを積む。その後、ビジネスのより上流工程での仕事を求め、コンサルタントへのキャリアチェンジを志望。ヘルスケア領域の案件に力を入れていたMURCに出会い入社を果たす。企業戦略や事業戦略を構築する際に不可欠なITに関する知見を強みに、戦略コンサルティング部にてシニアコンサルタントとして活躍している。

私の信念My Belief

コンサルタントとしてより高い成果を出すために、「想像力」と「素直さ」を大切にしています。自分だったらこんなことを言われたら嬉しいだろう、クライアントはこんな成果がほしいのだろうと想像することが、期待を上回るアウトプットを出し続けることにつながります。また、クライアントや同じプロジェクトのメンバー等、立場・関係にかかわらず、相手の意見に素直に耳を傾け、よい意見なら積極的に採り入れ高いレベルの示唆を出すことが重要です。
この2点はコンサルタントの成長ドライバーであり、特に若い人材には大切にしていただきたいと考えています。私自身、部下に接しながら「素直に意見を聞くことができただろうか」と今も常に自省しています。

私の
とっておき

ある大手企業の研究開発部門を対象に、組織づくりという観点で半年ほどかけてセミナーやワークショップを行いました。その際、クライアントのビジネスシーズをもとに一から教材や資料を作り上げました。オーダーメイドでの資料作成や講師業務は骨の折れることであっても、そのプロセスはクライアントへの理解や自分自身の知見の整理にもつながり、プロジェクトの成果以上の収穫があったと感じています。セミナーの講師や書籍の執筆等のパブリシティ活動は、直接的なビジネスにはつながらなくとも、コンサルタントとしての自分自身の成長を促進し、かつPRにもつながると考えているため、今後も積極的に取り組んでいきたいと思います。

仕事の醍醐味The best part of work

コンサルティング業は労働集約型で想像以上に地味な仕事です。地道に一次情報を集め、それを根気強く整理・分析していく作業も多くあります。クライアントと見解が異なったときには議論が白熱することもありますし、解決が困難な課題に直面することも珍しくありません。もてる知力と気力を総動員してそれらの山を乗り越えた先でいただく、お客さまからの「ありがとう」の一言は格別です。どんな困難があったとしても、次も頑張ろうという気持ちがわいてきます。
クライアントは我々コンサルタントに対して大きな期待を寄せており、それは非常に高い山となって我々の前に立ちはだかります。その期待値を超えるアウトプットを出すためにも、タフであらねばなりません。何よりも考えることが好き、コンサルタントの仕事が好きという気持ちを大切にしたいと思います。

5年後の私My Future

入社から1年後にプロジェクトのサブリーダーとなりました。これは未経験で入社した社員としては、比較的早めの抜擢でした。少し背伸びさせることで成長を促すのがMURCの育成の考え方です。私自身はその後も上司から「2つ上のポジションになったつもりでプロジェクトを推進しなさい」と言われてきました。
現在はシニアコンサルタントですが、さらに上級職を目指していくに際し、今は自分の専門領域を絞り込むタイミングと考えています。
5年後にはこの専門領域で課題をもつ企業からBy Nameで相談される人材になっていたいと思います。

心に残るエピソードEpisode

ここ数年手がけているのが、大手メーカーの経営幹部肝いり部門での新規事業案件です。参入可能性の検証から事業戦略立案、ビジネスプラン立案、事業開発という長いフェーズを年単位で過ごしており、私はその初期から継続して参画している数少ないメンバーの1人です。
高いレベルが要求される一方でリソースは限られるという苦しさもあり、歯を食いしばって続けてきました。それだけに事業開発のフェーズでクライアントが新製品のプロトタイプを大事そうに見せてくれたときは、涙が出そうになるほど感激しました。製品という具体的なカタチを目にできたことへの思いはひとしおで、コンサルタントにとって幸せな案件だと実感しています。ぜひ実際のサービスインまでクライアントと一緒に走りきりたいと思います。

応募者の皆さんへ
メッセージ
Message

いつの時代も、就職活動は大変だと思います。それでも大学の勉強だけにとどまらず、さまざまなことを見聞きし体験することで、多様な価値観を吸収していただきたいと思っています。そのうえで5年後、10年後の自分がどうなっているかをしっかりイメージしてください。アバウトでもけっこうです。自分なりのキャリアプランがあれば正しい努力ができ、楽しい社会人人生を送れるでしょう。
MURCでは若いうちから幅広い領域の案件にしっかりと携わることができます。この“早い・広い・深い”ことがMURCならではの魅力です。皆さんのキャリアプランの中にMURCが含まれるなら嬉しく思います。

Yuya Nakamura