Environment育む環境

多様な個性が思う存分能力を発揮し、
安心して働ける環境があります。

すべての社員の
能力発揮と
キャリア形成のために。

矢島 洋子
政策研究事業本部 東京本部 
執行役員 副本部長
1989年入社。慶應義塾大学法学部政治学科卒。新卒採用第一期生。一般職での入社から翌年総合職に転換した。出向先の内閣府における男女共同参画分析官や、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授等、社内外を問わず多くの活動実績がある。

社員の声~キャリアもプライベートも~

close
一年の期間で
一生の宝物を。
祖父江 万里子
コンサルティング事業本部 コンサルティング業務企画部
シニアコンサルタント

私は1年間の育児休職を取得しました。生まれたばかりの子どもは生活リズムが整わないので、仕事から離れて子育てに専念できたことは非常にありがたく、また、自分の心身を健康に維持するためにも必要なことだったと感じています。子どもは成長するにしたがって、親の手を離れていくものですが、生まれてから一人で歩けるようになるまでずっと間近で見守ってきた日々は、私の宝物です。
裁量労働制のため、勤務の開始・終了時間は非常にフレキシブルです。また、テレワークが基本になってからは、通勤時間の削減や休憩時間を使った夕食の下ごしらえ等で、仕事・子育て・家事がより効率的になりました。周囲の理解と協力あってこそではありますが、復職して以来、育児と仕事の両立という点で悩むことは殆どありません。

Other People
close
テレワーク制度で「いつでも」
「どこでも」仕事ができる。
鈴庄 美苗
政策研究事業本部 東京本部
公共経営・地域政策部 副主任研究員

裁量労働制で勤務の開始・終了時間が決まっていないため、テレワーク制度を活用することで「いつでも」「どこでも」仕事をすることができます。娘が起きる前に家で仕事をし、娘と朝の時間を楽しみ、保育園に送り届けたあと、オフィスや出張先、あるいは自宅で仕事をし、娘を保育園のお迎えに行き娘との夜の時間をゆっくり楽しむ……といった日常を送っています。新型コロナウイルス感染症の影響で保育園が登園自粛になったときも、娘に「仕事をしたい時間」と「一緒に遊びたい時間」を説明しながら、なんとか乗り切ることができました。
「自由で、個人の裁量を尊重しあえる風土」が、当社の大きな特徴だと思います。チームのメンバーに自分の働きたいスタイルを説明し、理解してもらえれば、そのスタイルを実現することができます。

Other People
close
制度だけでなく、
意識面でも先行を実感。
吉永 佳太
コンサルティング事業本部 経営コンサルティングビジネスユニット
経営コンサルティング第1部 シニアコンサルタント

ワークスタイルについての取り組みが、他の会社とくらべても、制度上だけではなく、意識の面でも進んでいると感じます。育児休職を取得している男性社員や、保育園の送迎を行っている男性社員も多く、男性社員の育児についても非常に理解が進んでいます。子どもを保育園に送迎することは私の担当なのですが、裁量労働制で時間の自由もききやすいため、落ち着いて準備をしてから出かけています。メンバーにも早朝の打ち合わせをなるべく避けてもらう等、育児と仕事の両立ができるよう配慮してもらっています。その分、限られた時間を有効活用して、効率的に質の高いアウトプットを出すスキルも高まってきていると感じています。

Other People
close
管理職としての責任と
家族との時間、どちらも大切に。
南田 あゆみ
政策研究事業本部 名古屋本部
研究開発部 主任研究員

管理職として、責任のある立場で業務を行いながらも子ども・家族との時間を大切にすることができています。現在はテレワーク制度を活用していますが、過去には1年間育児休職を取得しました。復帰後は目標と業務量を調整することで、17:30位に業務を終了しています。年収と勤務時間とのバランスを取りながら、業務内容やクオリティを変えることなく、むしろ、よりブラッシュアップし続けられていると感じています。
最近は、周りにもイクメン・カジメン等の仲間や共感者も増えてきて、男女問わず家事・育児の情報交換をしています。育児をする女性でも肩ひじを張らずに、男性と同じように働き続けられる会社だと思います。

Other People