MY PAGE

企業にとっての重要な経営資源である人材の活躍を
最大化すべく人事の専門家として支援する

コンサルティング事業本部  組織人事ビジネスユニット組織人事戦略部 シニアコンサルタント三城圭太KEITA MISHIRO

2006年中途入社。慶應義塾大学文学部美術史学科卒。メーカー人事部での勤務を経て入社。入社後に大学院へ通い、教育学の分野で「伝統的コミュニティにおける“わざ”の学習」の研究を行う。

My Policy

コンサルタントが課題解決をするうえでの姿勢として、「こうあるべき」と自分の考え方を打ち出すことも重要ですが、より大事なのは結論を出す過程でクライアントの意見や意思を引き出すことだと認識しています。そのためには、基本的なことですが、経験のみに頼った判断をしないことや、先入観を持たずにクライアントの声を丁寧に聞くことを心がけています。

私の仕事

組織人事戦略部は、組織デザインや人事制度の改革を通して、重要な経営資源である人材に関するコンサルティングを行う部署です。
ここ数年、ダイバーシティ推進や社員構成の高年齢化、非正規社員の活用促進等、企業にはさまざまな人的課題が持ち上がっています。また、激化する競争を勝ち抜くため、社員のモチベーションを高め、職場のコミュニケーションを活性化させたいと考える企業も少なくありません。
このような課題に対してコンサルティングを行うわけですが、たとえば、モチベーションを高めるために給与やボーナスの額を上げればいいというような単純な話ではありません。企業が人件費として報酬配分できる資金には限りがあり、誰かの報酬を高めるためには、当然ながら誰かの報酬を下げる判断が必要かもしれません。たとえば、大きな成果を出しているからといって、一部の限られた社員だけを極端に優遇してしまうと、その他の標準的な成果を出している社員のモチベーションが下がり、全体的な生産性が落ちてしまうことも考えられます。人事施策は非常にセンシティブな側面を持っているだけに、経営としての合理性だけでなく、社員から見た公平性や納得感を得られるものでなければならないのです。
また、人事制度は企業としての戦略を反映したものでなければなりません。当面の利益を重視するため、現在の活躍層である管理職や中堅社員の処遇を手厚くするのか、将来への布石として若手社員に重きを置くのか――。企業や人材を取り巻く環境変化に応じて、「誰に」「どのように」スポットライトを当てていくのかを施策として考えていきます。
このように人事コンサルティングでは、企業の置かれている現状や将来像に照らして、最適な提案をすることが求められています。そのため、クライアントの意図がどこにあるのか、潜在的なものも含めて、丁寧にヒアリングを重ねることを大切にしています。そうして見えてきた方向性を踏まえて、コンサルタントとしての知見や客観的立場だからこそわかる気づきを提案に盛り込んでいく――。その結果、クライアントに満足いただけたとき、大きな充実感が得られます。
実際に舞台裏で行っている仕事は、分析や試算等地味な作業もありますが、社員の会社生活のみならず私生活にも大きく影響する「人事」というテーマを扱う責任を感じながら、一つひとつのプロジェクトと真摯に向き合っています。

手がけたプロジェクトの一部
  • 企業合併後の人事制度構築支援プロジェクト
  • 人材育成制度改革プロジェクト
  • 従業員満足度調査プロジェクト
  • マネージャー育成研修プログラム

私のとっておき

入社3~4年目の頃、先輩方に声をかけていただき、書籍の一部を執筆しました。『ワーク・ライフ・バランスの人事管理』と『企業再編におけるグループ人材マネジメント』の2冊です。当時は執筆経験も浅かったため、先輩方に助けていただきながら、プロジェクト業務の合間を縫って、必死に担当の章をまとめたことを覚えています。人脈や経験が少ない若いうちから本を書くチャンスを与えていただいたのは、“当社ならでは”の環境だと感じています。

仕事の醍醐味

組織・人事領域は、技術分野等とは違って1~2年で基本的な考え方の枠組みが大きく変化するようなことはありません。目標管理制度や多面評価といった手法も企業経営に取り入れられてきていますが、いずれも昔から続く人材マネジメントの大きな潮流の延長線上に位置しますし、「経営のために人材をうまく活用するにはどうしたらよいか」という目的に行き着きます。人事コンサルティングの仕事は、プロジェクト経験の蓄積が大きな武器になり、自身の成長を感じやすい面もあります。一生懸命考えた提案内容が伝わってお客さまの共感を得たとき、プロジェクトの目的を達成して満足いただけたとき、何事にも代え難い喜びを得られます。

5年後の私

現在よりも高い価値を、より多くのクライアントへ提供できるようになりたいと思っています。そのために自分ひとりでできることは限られているため、周囲のメンバーと協力しながら、ビジネスの進め方や自身の働き方を高度に変えていく必要があると感じます。
また、その時までに蓄積した技術や知見を新しくコンサルタントになる人たちへ伝えていける存在になっていたいとも思っています。若い社員が働きやすい環境、より活躍できる環境づくりのために、自分にできる支援を行っていきます。

エピソード

入社数年後に初めてPL(プロジェクトリーダー)としてチームを率い、組織改革のプロジェクトを担当しました。1年以上かかる業務で簡単な課題ではありませんでしたが、チームのメンバーと協力しながら予定どおりミッションを達成し、経営者にも一定の評価をいただけました。このプロジェクトでは詳細な実務にも関わりながら、メンバーと知恵を出し合って毎週クライアントに提案を続けたので、充実感のあった仕事として記憶しています。

応募者の皆さんへメッセージ

職業選択や就社は、その後の自分の生活スタイルや社会との関わり方へ大きな影響を与えます。私自身は転職の経験がありますが、「今、自分は何がしたいのか」だけでなく「自分がその職業につくメリット/デメリットは何か」「どのような企業風土で、社員はどのような働き方をしているか」等、就職活動の段階でできるだけ立体的に検討するべきだと実感しています。その結果、この業界やコンサルタントという職業に興味を抱いたのなら、ぜひ当社の門戸を叩いてみてください。

scrollup