People 向き合う人Researcher2

政策研究事業本部 東京本部
環境・エネルギー部 研究員

川西 理史

現場のニーズと
政策の
シーズをつなげていく。
とことん現場視点にこだわり、
地球環境と向き合う。

経歴Career

2016年入社。京都大学大学院工学研究科修了。大学院では都市環境工学を専攻し、廃棄物処理、水処理、大気汚染、化学物質汚染等の環境問題を幅広く学んだ。修士論文では、ベトナム国ダナン市を対象に、農薬等の生活関連化学物質の環境中での汚染状況やヒトへの暴露状況を調査した。自分の研究分野を社会へ役立てたいという想いが強く、シンクタンクを志望し、入社を決める。

私の信念My Belief

「もし自分が当事者であればどう対応するか?」を常に意識し、仕事に取り組んでいます。もし自分が委員会で説明する上司の立場になったら、どう対応するか。もし自分がクライアントから難しい要望を依頼された上司の立場になったら、どう対応するか。もし自分が後輩の立場だったら、どういう言葉を投げかけてほしいか。周囲で起こるすべての出来事を「もし自分だったら」という、当事者の身になり考えることで、自分の役割以上の視点を養うことができ、自己の成長につながると確信しています。

私の
とっておき

日本の温室効果ガス排出量の算定に活用する紙に係わるパラメータを、実測データに基づき開発するプロジェクトを行いました。本プロジェクトでは、中央官庁、地方自治体、大学機関、紙卸業者、印刷業者、分析業者等を巻き込み、実測調査等を実施。写真は、実測調査前に紙の卸業者から紙の種類や特徴等についてレクチャーを受けている様子です。中央官庁・自治体や大学機関と強いつながりを持つシンクタンクだからこそ、多岐にわたる関係者を巻き込んだ調査が可能になりました。新たに開発されるパラメータは国内外で活用される可能性があり、現場業務が政策につながり得ることを実感したプロジェクトのひとつです。

仕事の醍醐味The best part of work

「地球温暖化×廃棄物・排水」という切り口で政策から現場、国内から海外まで幅広い仕事に従事できることにやりがいを感じています。シンクタンクは「政策の上流」に携わることが多い仕事ですが、政策の上流の仕事に従事するうえで、現場の経験・知識は不可欠だと考えています。実際にある東南アジア諸国における排水処理の現場業務と制度設計に関わる業務に従事した時は、制度設計業務で得られた知見・ノウハウが現場業務に役立ち、政策から現場まで携われることにやりがいを感じました。将来的に“現場のニーズ”と“政策のシーズ”をつなげられる研究員になれるよう、これからも精進していきたいと考えています。

5年後の私My Future

将来的には、「地球温暖化×廃棄物・排水」という切り口で、国内のみならず海外も対象とした政策から現場まで携わる幅広い仕事に取り組み、「この案件を川西さんにお願いしたい。」と言われる存在になりたいと思っています。そのためにも、まずは研究員としての基礎的なスキルを習得するとともに、高い専門性を養い、5年後にはプロジェクトリーダーとして自身の案件を獲得し、クライアントから信頼される一流の研究員となっていたいと思っています。

心に残るエピソードEpisode

入社1年目の頃に、上司に打ち合わせの資料の確認をお願いしたところ、海外出張等で多忙を極めていらっしゃるにも関わらず、びっしりとコメントを書き込み返してくれました。しかも、その添削・修正のやり取りが3度も続きました。資料が完成した際に「これがOJT。教育だ。」と言われ、「こんな先輩になりたい。」と思いました。今でも、まだ教育してもらう立場に変わりはありませんが、私が上司にしてもらい感謝していることをしっかりと後輩に還元していこうと心に決めています。

応募者の皆さんへ
メッセージ
Message

就職活動は自分自身を見つめ直す貴重な機会です。これまでの人生を振り返り、大切にしてきたことや学習してきたこと等を整理してみてください。企業を選ぶうえで、こだわるポイント等がきっと見つかるはずです。ご自身のこだわりポイントに合致する企業に出会え、納得のうえ、就職活動を終えられることを願っております。

Satoshi Kawanishi