ENTRY

M&A・グループ組織再編の社内第一人者
自他ともに認めるスペシャリスト

コンサルティング事業本部  名古屋ビジネスユニットコーポレートアドバイザリー部 プリンシパル木俣貴光TAKAMITSU KIMATA

2003年中途入社。早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業後、大手石油会社に入社。その後、外資系コンサルティング会社を経て当社に入社する。当社におけるM&A・グループ組織再編の第一人者で、MUFGからも指名が絶えない同分野のスペシャリスト。

My Policy

「クライアント企業の真の成功に貢献する」が私の信条です。表面的な情報に振り回されることなく、クライアントもはっきりと気づいていない、核心となる課題やポイントを把握し、クライアントに伝えることで、プロジェクトだけではなく、クライアント企業の真の成功に貢献していくことを心がけています。

私の仕事

私の主な専門はM&A(Mergers and Acquisitions)と事業承継対策を含むグループ組織再編であり、主に中堅・中小企業のプロジェクトを手がけています。多くの場合、私がプロジェクトリーダーとして2~3名のプロジェクトチームを編成し、プロジェクトを運営しています。近年、M&Aや事業承継対策のニーズはますます高まっており、非常に多忙な状況が続いています。
M&Aやグループ組織再編を行うことは企業にとって大きな出来事です。当然、社長や経営層の方々と接する機会が頻繁にあります。経営戦略やビジョン等、企業の根本的な部分に大きく関われる分野だと言えるでしょう。
どんなプロジェクトにおいても「クライアントのニーズに応えるだけでは不十分」という意識で常に仕事に臨んでいます。クライアントが求めているものをそのまま出しただけでは、納得はしても、満足はしていただけません。期待値を超えるサプライズを提供してこそ、クライアントは喜んでくれるのだと思います。そのために必要なのは、やはり密なコミュニケーション。クライアントと絶えずコミュニケーションを取り、課題や要望を丁寧に聞く必要があります。
特に、M&Aは通常のコンサルティングと異なり、「買収する側」「買収される側」のふたつの立場があります。通常のコンサルティングであれば、自分たちの努力で品質を良くしていくことができます。しかしM&Aは、「買収する側」「買収される側」の両方の立場を汲んだうえで、成果を出さなければなりません。我々の意向通りに相手が動くことは少ないので、プロジェクトには常に苦労が伴います。当社のM&Aコンサルティングの特徴は、買収戦略の組み立てから買収後のフォローアップまで、一貫してサポートできることです。これは、M&Aの実行(エグゼキューション)のみを行う銀行や証券会社のアドバイザリーサービスとは異なる、最大のポイントだと言えます。我々のコンサルティングは、企業を買収してそこで終わり、というわけではありません。M&A後に、買収した会社とのシナジー効果によって、クライアントに利益をもたらすことが重要になります。そのため我々は、買収後のサポートも欠かしません。日本企業の多数を占める中堅・中小企業を対象に、「M&Aの入口から出口」までコンサルティングできる。そこに我々の強みがあります。

手がけたプロジェクトの一部
  • 電子機器製造会社 M&Aアドバイザリー
  • 食品製造業 M&Aアドバイザリー
  • 産業用資材卸売業 M&Aアドバイザリー
  • 金属製品製造業 グループ組織再編による持株会社設立
  • サービス業 グループ組織再編による持株会社設立

私のとっておき

2006年7月に『M&Aそこが知りたい!』(アーク出版)、2008年8月には『幸せな事業承継はM&Aで』(アーク出版)を出版しました。また、2010年2月に出版した『企業買収の実務プロセス』(中央経済社)は、中堅・大企業のM&A実務担当者向けのM&A実務マニュアルで、M&A書籍のロングセラーとなり、2017年3月に改訂版も上梓しました。2012年3月にはM&A実務の要点と全体像がたちどころにイメージできるリアリズムを追求した、本格“企業買収小説”『企業買収~海外事業拡大を目指した会社の660日』を出版し、おかげさまで第6回M&Aフォーラム賞奨励賞を受賞することができました。さらに、2016年2月には『持株会社・グループ組織再編・M&Aを活用した事業承継スキーム』(中央経済社)を出版しました。
コンサルタントとして、時代の流れを敏感に感じとりながら、積極的に情報発信していくことを心がけています。

仕事の醍醐味

専門とするテーマであるM&Aやグループ組織再編は、クライアントにとって大きな出来事になります。数十年に一度の大きな転機となるプロジェクト、という風に位置づけられているケースも少なくありません。そうした重要なプロジェクトにリーダーとして参画することには、多大な責任とプレッシャーが伴います。しかし、だからこそ、プロジェクトを成功させた際には大きな影響力を発揮することができますし、味わえる喜びややりがいも、また格別なものがあると感じます。

5年後の私

我々の部署を、日本で有数の中堅・中小企業向けフィナンシャル・アドバイザリー・セクションに育て上げたいという気持ちがあります。今後は中堅・中小企業向けの事業再編やM&A、事業承継対策をより深く追究していき、同時に企業再生等も手がけたいと考えています。講演や書籍によって、私自身の、ひいては当社の知名度向上にも貢献していきたいと考えています。

エピソード

グローバルに展関する食品商社のM&Aアドバイザーを務めたときの経験が最も印象に残っています。4ヵ月もの間、毎月中国やヨーロッパ各国への海外出張が続き、体力的に相当きついと感じましたが、その際に行った現地での買収監査や弁護士、会計士、金融機関との買収交渉は非常にエキサイティングでした。

応募者の皆さんへメッセージ

就職活動においてのアドバイスは次の二点です。第一に、自身のキャリアビジョンを最初から固定的に設定しないこと。第二に、確固たる経営理念や企業文化が社内に浸透している会社を選ぶこと。このふたつが会社選びのポイントです。
いくら情報を収集しても、実際に入ってみないと会社の本当の姿というものがわからないのは事実。そのため、20代のうちはできるだけ多くの職種を経験し、自分の本当にやりたいことや適性を探ることが大事です。最初から自分のキャリアビジョンを固定的に設定せず、若いうちに多様な経験が積めるチャンスのありそうな会社を選ぶことをお勧めします。
私自身三つの会社に勤務し、またコンサルティングを通じて多くの企業に接してきた経験からいうと、強い会社というのは確固たる経営理念や企業文化を持っているものです。そうした会社で働く人たちは総じてモチベーションも高い。自分たちのやるべきことや存在意義が明確だからでしょう。社会人として生きていく以上、使命感を持って仕事ができるかどうかは自らの存在意義にも直結する重大なテーマとなります。信念のある会社で働くことは自身のキャリアビジョンを考えるうえでも必ずやプラスになると思います。

scrollup