MY PAGE

官民分野を問わず活躍する
プロフェッショナル集団

コンサルティング事業本部  大阪ビジネスユニット経営戦略部 アソシエイト小谷彩華AYAKA KOTANI

2015年入社。大阪大学大学院言語文化研究科修了。大学ではタイ語を専攻、大学院ではタイの文化や宗教の研究に打ち込む。1年間の現地留学では、各地の寺院を巡ってインタビュー調査を実施した。

My Policy

クライアントから信頼されるコンサルタントをめざしています。日々の業務を通して、情報収集や仮説構築力等の基礎的なスキルや、経営に関する知識を着実に習得していくことを強く意識しています。中小企業診断士の取得や、語学力・コミュニケーション力の向上等、目標を持って自らを高めていくつもりです。一方で、仕事の効率向上をめざし、メリハリのあるワークスタイルを確立したいと考えています。

私の仕事

大阪ビジネスユニットでは、主に、西日本を拠点とする企業を対象にコンサルティングを提供しています。サービス領域は、経営計画策定・グループ経営推進・財務アドバイザリー・業務改革・マーケティング戦略支援等、企業経営全般に関するテーマを扱っています。この中で、アソシエイトはリーダーのもとでプロジェクトに参加し、コンサルティングに必要な情報の収集や基礎調査・分析、資料の作成等を担いながら、チームの一員としてお客さまを支援しています。
現在携わっているプロジェクトに、自動車部品メーカーの成長戦略立案があります。メンバー構成は、上司であるプロジェクトリーダー、先輩コンサルタント、そして私の3名。プロジェクト実施期間は約4カ月で、5年後を見据えた成長戦略の策定を目的とします。
自動車部品業界は急速な技術革新が進んでおり、それらを応用した新製品が各社から次々と登場する等、非常に競争の激しい産業分野です。一方で、国内外の市場環境は日々大きく変わりつつあります。こうした中で、将来ビジョンを描きながら、採るべき成長戦略オプションを決定することは、企業経営における最重要課題のひとつとなっています。
戦略とは「どこで、どう戦うか」ということですが、これを考えるうえで欠かせないのが、マクロ環境の分析です。ここでは「PEST分析」という手法を用いて、政治(P)・経済(E)・社会(S)・技術(T)の4つの観点から、自社を取り巻く環境の変化やその影響を把握・分析します。たとえば、政治では規制緩和や税制、経済では経済成長率や消費動向、社会では人口動態、技術ではインフラ整備や技術革新等、それぞれに分析・検討すべき複数の要因が存在しています。
私はプロジェクトの中で、これらの要因分析に必要な基礎的データの収集や資料の作成を担っています。主な情報は関連省庁が発表している白書等の公的資料や、業界団体や企業が作成したレポート等です。これら膨大な情報の中から、何を選びどのように分析するかを一から検討するのは簡単ではありませんが、戦略策定の基礎となる大切な業務であり、責任感を持って仕事に取り組んでいます。
こうした分析資料をもとにクライアントと定期的なディスカッションを行いますが、その際の議事録の作成も私の担当業務となっています。

手がけたプロジェクトの一部
  • 船舶業界市場調査
  • 自動車部品メーカーの成長戦略立案
  • 企業グループの経営管理強化支援

私のとっておき

ある大手アパレルメーカーへの営業提案資料の一部としてまとめたシート「次期中期経営計画の策定に向けた論点」です。この資料を作成するにあたっては、過去の中期経営計画と経年の財務データを時系列に再整理する等、情報の分析と課題抽出の手法についても自ら検討しました。自分が手がけ、クライアントに提出した初めての提案書です。

仕事の醍醐味

入社1年目からとても自由度の高い環境で仕事をさせてもらえています。社内のミーティングでも積極的に発言ができる雰囲気で、しかもそれが良いとなれば、新人のアイディアでも躊躇なく採用してもらえることに驚きました。また、経験が浅くてもクライアントの前に立てば、ひとりのプロフェッショナルとして見られます。それはプレッシャーでもありますが、成長へのモチベーションに繋がっています。

5年後の私

特定分野で深い専門性を身につけ、その仕事では社内外から「小谷に任せたい」と言っていただけるような存在になっていることが目標です。そのためにも、まずはコンサルタントとしての基礎的なスキルである情報収集・分析や経営全般に関する知識、そして高いコミュニケーション力を養えるよう、一つひとつの業務を確実にこなしながら自らを高めていきたいと思います。
今はさまざまな分野の知見を広める段階だと認識していますが、将来は自分のバックグラウンドでもある「タイ」をひとつの強みとして、現地との橋渡しに貢献できるコンサルタントをめざしていきたいと考えています。

エピソード

入社4カ月目。前述のアパレルメーカー向けの営業提案資料を作成した際に、クライアントの経営層の前で自らそれを説明する機会を与えていただきました。情報分析・資料作成・プレゼンテーションという、コンサルタントとしての一連の業務を、自ら主体となって初めて体系的に経験したという意味で、記憶に残る仕事になりました。

応募者の皆さんへメッセージ

学生時代の海外留学やボランティアといった経験は人生の宝です。そこから学んだことを自己分析し、これからの進路選択に役立ててみてください。就職活動はいわば「お見合い」のようなもの。面接では必要以上に自分を飾らず、自らの言葉で信念を語ることが、自分に合った企業と出会う鍵になると思います。ロマンチシズムとリアリズムの間で、自分にとって最善と思える道を見つけてください。

scrollup