ENTRY

人材育成

キャリアパス・研修体系

入社当初は、プロフェッショナルとしての業務遂行上のベースとなるスキルや姿勢(マインド)をしっかり学んでいただきます。一般的な仕事の進め方(ビジネスマナー、文章作成、各種ツール使い方等)から始まり、徐々にプロジェクト業務で必要とするコンサル・リサーチ基礎スキル(情報収集・調査技法、発想・問題解決技法・ロジカルシンキング、事業分析・財務分析、プレゼン技法等)を習得していきます。基礎とはいえ、講師は社内外の第一線級のコンサルタント・研究員・エコノミスト・有識者等が務め、世界のトレンドや最先端の内容を盛り込んでいます。その後、部門や部室の中でのカリキュラムやOJTにより、成長を支援します。最新のテクノロジーや文化を学ぶ社内勉強会も随時開催されており、継続的に成長していける環境です。

一人ひとりの専門性やキャリア形成を尊重し、自己研鑽費用を会社が支援する「自己投資支援制度」も導入しています。会社の承認のもと、1人年間10万円を限度にスキルや知識を高めるための外部研修・セミナー受講や資格取得費用等に使用可能で、語学研修をはじめ多くの社員が利用しています。海外のビジネススクールや大学院への留学を支援する休職制度、海外サミットへの参加支援、官公庁や民間企業への出向を利用し、さらなるステップアップを図ることもできます。

また、当社の特徴として、マクロ経済、政策、コンサルティング等の幅広いフィールドを活かした、部門間を越えて学べる仕組みを各種設けております。階層別研修は組織横断的な開催で、専門領域の異なる社内の講師や受講者から新たな学びや刺激を受けることができます。その他、社員が自主的に集まり研究活動を行う「社内学会」や、知見の共有・創出・蓄積を目的とする「知見交流イベント」、ナレッジマネジメント推進のための活動も活発に行われています。個人の意向や熱意次第で、知見やスキル・ノウハウの拡充、新しい専門領域の開拓、ネットワークを構築できる機会を幅広く用意しております。

scrollup